日本都市学会 日本都市学会事務局
〒630-8528 奈良市高畑町 奈良教育大学根田克彦研究室内
TEL 0742-27-9176
<メール> info@toshigaku.org
<ホームページ> http://www.toshigaku.org/
郵便振替口座 00130-0-512255 日本都市学会本部事務局
ホーム 日本都市学会とは 学会ニュース 会則・規則等
年報の編集 既刊の年報 論文投稿 学会賞
今年度の大会 過去の大会 理事会 役員名簿
分散事務局一覧 地域都市学会      事務局日誌


お知らせ


日本都市学会第64回大会の案内書を発送しました。

 日本都市学会第64回大会の案内書および返信用ハガキを発送しました。
     【案内書(PDF)はこちら】(右クリックでダウンロード)
     【申込はがき(PDF)はこちら】(右クリックでダウンロード)
     【発表要旨執筆要領(テンプレート)はこちら】(右クリックでダウンロード)


  日本都市学会本部事務局が移動しました 

 2017年4月1日から、日本都市学会本部事務局は近畿都市学会の担当になり、事務局は下記に設置されます。

630-8528 奈良市高畑町 奈良教育大学根田克彦研究室内
       TEL 0742-27-9176
 メールアドレス、ホームページは変更ありません。
 また、郵便振替口座も従来のままです。銀行口座については変更になりますが、決まり次第掲載させていただきます。
 なお、本サイトの内容については順次書き換えておりますが、一部旧年度の内容が残っている場合がありますので、ご了承ください。


日本都市学会第64回大会は宮城県石巻市で開催されます

 第64回大会の開催概要は以下のとおりです。詳細は6月開催の理事会の後にご連絡します。

開催日 2017年10月27日(金)・28日(土)・29日(日)
開催地 宮城県石巻市
主 催 日本都市学会・東北都市学会
後 援 石巻市、石巻専修大学(予定) 


  日本都市学会第63回大会開催が開催されました

 日本都市学会第63回大会は、2016年10月28日(金)~30日(日)の間、愛知県岡崎市の図書館交流プラザ(りぶら)を会場として、「地方創生と観光まちづくり」をテーマに開催されました。

 28日午後1時30分、「観光は地方創生の切り札」として3つのコースで視察するエクスカーションで大会がスタートしました。あいにくの雨の中でしたが、各コースとも岡崎市の担当者による先導や説明を受け、内容の濃いエクスカーションでした。

乙川河川敷で説明を聞くエクスカーション参加者 


 翌29日(土)9時20分から12時40分まで研究発表Ⅰとして、1階と3階の4つの会場で合計30件の発表がありました。

 13時30分から1階ホールへ会場を移して、堂前亮平日本都市学会会長、林上中部都市学会会長による開会あいさつに続いて、内田康宏岡崎市長による特別講演「観光産業都市『岡崎』を目指して」があり、大会テーマ「地方創生と観光まちづくり」によるシンポジウムに移り、最初に公益財団法人日本交通公社理事・観光政策研究部長梅川智也氏による「『地方創生』と観光まちづくり-観光は地方創生の柱となるか-」と題する基調講演があり、続いてパネルディスカッションが開催されました。

 名古屋学院大学井澤知旦教授のコーディネートのもと、パネリストの長良川温泉泊覧会実行委員会プロデューサー・蒲勇介氏、NPO法人岡崎まち育てセンター・りた事務局長・天野裕氏、有限会社オズ(海島遊民くらぶ)代表取締役・江崎貴久氏、愛知淑徳大学交流文化学部准教授・林大策氏に基調講演の梅川智也氏を加えた5氏からの報告と討議がなされました。

 17時15分から日本都市学会賞(奥井記念賞)、日本都市学会論文賞、日本都市学会特別賞の授賞式が行われ、引き続いて日本都市学会総会が開催されました。

 18時45分から岡崎ニューグランドホテル9階スカイレストラン「パリ」で懇親会が開かれ、多くの会員、来賓が出席し、なごやかな時間を過ごしました。
 翌30日(日)は、9時20分から研究発表Ⅱとして前日と同じ4つの会場で32件の発表があり、熱心な討議が行われました。12時40分には研究発表が終了しました。

 13時30分から、1階103会議室で、特別セッション「新しい都市学の成立を目指して」が開催され、多くの会員が出席し、戸所隆前日本都市学会会長のコーディネートのもと、各地域都市学会からの報告をもとに討議がなされました。16時45分にはすべての大会スケジュールが終了しました。

 今回の研究発表数は総計62件と過去最高を記録し、研究発表会場も初めて4室を利用することになりました。参加者数は170人で、このうち一般参加者は26人ありました。エクスカーション参加者は34人、シンポジウム参加者は143人、懇親会参加者は69人、特別セッション参加者は63人でした。

 エクスカーションは残念ながらお天気に恵まれませんでしたが、あとの2日は快晴で、乙川と岡崎城のすばらしい景観の中での大会でした。

 主催の中部都市学会、後援をいただいた岡崎市はじめ関係各位に厚く御礼申し上げます。

         プログラムはこちらをご覧下さい

 


ホーム 日本都市学会とは 学会ニュース 会則・規則等
年報の編集 既刊の年報 論文投稿 学会賞
今年度の大会 過去の大会 理事会 役員名簿
分散事務局一覧 地域都市学会      事務局日誌